コカ・コーラ(KO)から配当金を受け取りました!
スポンサーリンク

私の投資方針

上記記事でも書きましたが、最初の投資方針は、いわゆる「ダウの犬戦略」のつもりでした。

しかし、「あれも入れたい」「これも外し難い」とあれこれやっている間に、「ダウの犬もどき&崩れ戦略」になっており、個別株は23銘柄、ETF3種、外国国債2種という節操のないポートフォリオになってしまっています。

投資ルールとしては、毎月末に、時価評価額が一番低い銘柄とその次に低い銘柄を買うことにしています。最近ではそこそこ配当金も増えてきましたので、配当金はETFに再投資しています。

スポンサーリンク

今月のKOからの配当金

7月5日にKOから配当金を受け取りました。

ティッカー 単価 株数 税引後受取配当金
KO $0.400 460 $133.6

KOは年4回配当金を受け取ります。2019年は$0.4×4回で計$1.6です。7月9日NY市場の取引開始前の株価が$52.00ですので、現時点での利回りは3.07%になります。

ここ数年の配当金の推移はどうでしょうか。

2016年 2017年 2018年 2019年
配当金(四半期あたり) $0.35 $0.37 $0.39 $0.40

きっちり毎年増配されていますね。さすがです。

スポンサーリンク

KOとS&P 500との比較

先日のWMTの記事でも書きましたが、KOのAnnual ReportにもS&P 500との比較が掲載されていました。米国企業はすごいですね。

2013年12月31日に$100投資して、配当金をすべて再投資した場合のパフォーマンスの比較です。

KO Peer Group Index S&P 500 Index
2013 $100 $100 $100
2014 $105 $113 $114
2015 $111 $128 $115
2016 $110 $142 $129
2017 $126 $158 $157
2018 $135 $128 $150

KOもここ5年間のパフォーマンスはS&P 500に負けてしまっています。やはりS&P 500 Indexはすごいですね。

ちなみにここに書かれているPeer Group Indexは、Dow Jones Food & Beverage IndexとDow Jones Tobacco Indexの構成企業からKOを覗いて独自に作成した指数のようです。Annual Reportには30社以上の名前が羅列されていましたが、ここでは省略させていただきます。

まとめ

今回はKOからの配当金について書きました。

先日記事にしたWMTも、今回のKOも、ここ5年間のパフォーマンスはS&P 500 Indexに負けてしまっています。

やはりS&P 500 IndexのETF1本にまとめようかと心が揺らぐところですが、せっかくなので個別株も楽しみながらホールド&配当再投資を続けていきたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事