若い投資家のみなさんへ
スポンサーリンク

はじめに

「私の投資歴について」という題名でなんとなく書き始めたところ、3部作になってしまいました。

誰が興味あるのだろうか・・・と思いながらも私の投資歴をブログに書いたきっかけは、Twitterを始めたことです。

Twitterを始めて一番驚いたことは、20代の投資家の方が想像以上に多かったことです。

私が20~30代の頃と比べものにならないくらい、金融リテラシーが高い方が多い印象ですね。

つみたてNISAやiDeCoなど、制度面においてコツコツ投資しやすい環境が整っていることも大きいと思います。

20代の頃から米国株やETFについての知識が豊富にあるなんて本当にうらやましい限りです。

そんな若い投資家のみなさんに反面教師として少しでも参考になればと思い、投資歴をブログに書くに至りました。

スポンサーリンク

若い投資家の皆さんへ

自分なりには今後の投資方針が固まりつつあるにもかかわらず、言えることがあります。

投資に「絶対」や「正解」はありません!

私が投資を始めた頃は、投資の話をするとしても、親戚や職場の人や友人など、現実世界でつながっている人しか選択肢がありませんでした。

しかし、現実世界では、投資を含めた生々しいお金の話題を親しい人に話す人は少ないですよね。

幸運にも、今は知らない人々が様々な情報をSNSでつぶやいてくれています。

これは非常に恵まれている環境ですよね。なんせ家にいながらでも無償でかなり有益な情報を得ることができるわけですから。

情報が多すぎるという弊害もあるにはありますが、あとは、それらを取捨選択して、咀嚼して、飲み込んだり、吐き出したりするのはあなた次第です。

もちろん初めは誰かのポートフォリオを参考にしたり、誰かの真似をしてみることから始めたらいいでしょう。

しかしあなたが悩みに悩んだ末にあなたに合っていると思って選んだ選択であれば、日本株でも、米国株でも、先進国株でも、新興国株でも、グロース株でも、ディフェンシブ株でも、ETFでも、なんでもいいわけです。(ここではリバレッジや借金での投資は除きます。相場から退場してしまいますので。)

ただ誰かの言う通りにするだけではなく、あなたが自ら悩んで自ら選ぶことに意味があるのですから。

短期で見れば損することもあるかもしれませんが、長い目で見ればそうすることによってまた次につながるからです。

これは投資に限らず、大切なことですよね。

 

そして、もう一つ、断言できることがあります。

投資においては、「若さ」が最大の武器なのです!

心からそう思いますよね、同年代のみなさん(笑)

若かったときに、年配の方々から「若いって未来があっていいよね~」「今を大切にしなさいよ~」と何度も言われましたが、そのたびに、「何言ってんの。若いの当たり前じゃん。」って思ってましたが、今になって本当に思います。「若いってすばらしい!」って。

なんといっても、コツコツ積み立てた場合の総額や、配当金による複利効果は、時間が必ず味方してくれるのは間違いありません。

さらに若ければ、少々失敗してもやり直せます。そしてその失敗が糧になります。

私なんて、次また失敗するようなら、二度とチャンスはないかもしれません。

しかし、今でも常に、「起死回生」「捲土重来」の気持ちを持ちながら、来るべき時に備えてシュミレーションをしているわけです。

次に暴落が来た際には、もしかしたら、狼狽せずに(もしくは狼狽していることを必死に隠しながら)淡々と買い増しを続けていくおっさん達の姿を、ブログやSNS上で見られるかもしれません。

いや、もしかしたら、再び狼狽売りを繰り返して「凍死家」になっている姿を晒すかもしれませんが(笑)

赤の他人のそんな姿を目の当たりにできるのが、SNSの一番いいところかもしれませんね。

そんな姿を目の当たりにした際には、若い投資家の方々は、一緒に荒波に飛び込んでいってみるか、それとも嵐が去るのを待つか、自分で決めればいいわけです。

そんな時が来ずに右肩上がりの相場が続くことを切に願っていますが、果たして…

 

偉そうに色々書きましたが、私のポートフォリオ自体、まったく筋が通っていない「ダウの犬もどき&崩れ戦略」の節操のないポートフォリオでして、まだまだ勉強中なのであります。

若い投資家の皆さんのことも、同年代の投資家の皆さんのことも、陰ながら応援しています!

これからも一緒に勉強しながら投資を楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

投資は自己責任でお願いします!

スポンサーリンク
おすすめの記事