マネックス証券の米国株最低取引手数料引き下げについて思うこと
スポンサーリンク

はじめに

もうすでに米国株投資家のみなさんの中ではかなり話題になっていますが、2019年7月4日にマネックス証券からうれしい告知がありました。2019年7月8日の現地約定分より、米国株の最低取引手数料が5米ドルから0.1米ドルに引き下げられるとのことです。

 

マネックス証券では米国株取引において、2019年7月8日(月)現地約定分(7月9日国内約定分)(予定)より、最低手数料を5米ドル(税抜)から、主要ネット証券最安の0.1米ドル(税抜)へ引き下げいたします。

また、米ドルの為替手数料(買付時)につきましても同時に、2019年7月8日(月)から2020年1月7日(火)国内約定分(予定)まで無料といたします。

 

私の投資歴は約12年です。これまで日本株・海外株・国内外債券・FX・NISA・つみたてNISA・iDeCoなど様々な取引を行ってきました。利用した証券会社もこれまで6つくらいありますが、米国株取引に関しては当初からずっとマネックス証券を利用していますので、これは非常にうれしいですね。

そして、最低手数料引き下げの衝撃のために隠れてしまってはいますが、為替手数料が半年間無料になることもすごくうれしいです。

 

スポンサーリンク

これまでの投資方針と手数料について

私の投資ルールとしては、毎月末にその時点での時価評価額がもっとも低い保有銘柄と2番目に低い保有銘柄を購入しています。最近は約12万円くらいずつ購入することが多いです。

これまでの条件では、「取引手数料は約定料金の0.45%」「最低取引手数料5米ドル」ですので、いわゆる「手数料負け」をしないための最低投資額は以下になります。

5米ドル÷0.0045=1111.11米ドル

最近の為替は1米ドル=110円前後ですので、私の投資ルールでは「手数料負け」するかしないかのギリギリのラインなんですよね。12万円は1米ドル=108円でちょうど1111.11米ドルになるので、これより円高になれば「手数料負け」せず、これより円安になれば「手数料負け」するという感じでした。

(すべて税抜のまま計算していますが御容赦ください。)

「手数料負け」しないために毎月末の購入銘柄数を減らそうかどうかという悩みもありましたが、これからはそういった悩みとはおさらばです。

分散投資や小口投資が非常にしやすくなりましたね。

 

スポンサーリンク

個別株からETFにシフトするつもりだったのに…

昨日にアップした記事です。

 

これまで「ダウの犬もどき&崩れ戦略」で個別株を買い増してきましたが、保有銘柄数は20以上になっており、分散し過ぎで節操のないポートフォリオになっていました。このままの投資方針でいくのか、新規購入はETFにシフトしようか悩み始めていたところなんですよね。どっちかというと、新規購入はETFだけにすることに気持ちが傾き始めていたところだったのですが…そこにこのマネックス証券の告知が来たわけです。

「手数料負け」を気にせずにすむなら、毎月いくつも個別株を購入することもできるようになるし…でも分散しすぎるくらいならETFにした方がもっと分散できるし…

マネックス証券の「米国株最低取引手数料引き下げ」は大変うれしいニュースなのですが、私の悩みのタネは尽きません。

 

まとめ

今回は、マネックス証券の米国株最低取引手数料引き下げのニュースについてと、私の現在の投資方針と今後の投資方針について書きました。

優柔不断であることは、投資には向いていないような気がするんですけどねぇ…しかしそういう欠点を抱えながらも、試行錯誤しながら投資を楽しむのも人間らしくていいかもしれません(笑)

でもやっぱり投資方針がブレない人がうらやましいです。ブログやツイッターを継続している人は意志が固い人が多いからなのか、インデックス投資家が増えた影響なのか、ブログやツイッターをやられている投資家の方々は方針がブレていない人が多い印象ですね。

しかし残念ながら性格なんて簡単にはかわらないので、私はブレながらもコツコツやっていくしかありません。

共感いただける方が少しでもいらっしゃったらうれしいです。これからも一緒に米国株投資をコツコツ楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事