2019年6月末つみたてNISAとiDeCoの資産状況
スポンサーリンク

はじめに

私が現在投資しているのは、米国個別株、米国ETF、つみたてNISA、iDeCo、米国債、オーストラリア国債です。

それぞれ以下の証券会社で管理しています。

利用している証券会社
米国株・米国ETF・・・マネックス証券
つみたてNISA・・・楽天証券
iDeCo・・・SBI証券
米国債・オーストラリア国債・・・SMBC日興証券
スポンサーリンク

つみたてNISAの資産状況

私は2017年までは米国株の一部をNISAで購入していましたが、2018年からはつみたてNISAに変更しています。

現在は、楽天・全米株式インデックス・ファンドを毎月33333円購入しています。

これまでの買付金額と評価額です。

評価額 累積買付金額 累積損益
合計 634009円 599994円 +34015円
2019年 210626円 199998円 +10628円
2018年 423383円 399996円 +23387円

色々ありながらもなんだかんだ米国市場は好調ですからね。+5.67%になっています。

スポンサーリンク

iDeCoの資産状況

2017年2月からiDeCoに加入しています。拠出額は毎月23000円です。

SBI証券で運用しているのですが、今のところはiFree NYダウ・インデックスのみを購入しています。

これまでの拠出金額と現在の評価額です。

資産残高 拠出金累計 損益
610135円 566000円 +44135円

やはり米国市場は好調です。+7.8%になっています。

本当はS&P500に連動した商品を購入したかったのですが、拠出を開始した当初はSBI証券にはなかったんですよね。

しかし、2018年11月から「セレクトプラン」なるものが導入され、そちらにはeMAXIS Slim 米国株式があるので、そちらに乗り換えようと思っているのですが、まだ手続きできていません。

SBI証券は2005年からiDeCoを取り扱っているようです。私が拠出を開始した2017年2月当初は、iDeCoの運用商品がSBI証券ほど充実している銀行や証券会社は少なかったので選んだのですが、その後は運用商品が充実している銀行や証券会社がかなり増えました。最初からS&P500に連動した商品を選べるのが一番よかったのですが、仕方がないですね。

同じSBI証券ではあるのですが、現在運用している「オリジナルプラン」からeMAXIS Slim 米国株式を選択できる「セレクトプラン」への変更は少々面倒なようですが、また時間のある時に手続きしようかと考えています。

iFree NYダウ・インデックスの信託報酬は0.243%で、eMAXIS Slim 米国株式の信託報酬は0.1728%以内なので、信託報酬の面でも有利ですしね。

まとめ

今回は、つみたてNISAとiDeCoの資産状況について書きました。

つみたてNISAとiDeCoは、幸いなことに自動積立ですので、放置しとけばいいだけですね。私も実際、このブログを書くまでつみたてNISAとiDeCoの資産状況をチェックしたことがありませんでした(笑)

これからもつみたてNISAの33333円/月とiDeCoの23000円/月は、無意識に淡々と自動積立していきたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事